韓国との歴史認識の共有は可能かを探る
by 699yabuhebi
カテゴリ
全体
定型詩名作編
川柳・俳句
都々逸・謎かけ
漢詩
韓国人論
韓国史のはじまり
通史
古代史
中世・近世史
近現代史
盧武鉉語録
韓国文化
ウリナラ起源
おふざけ
韓国の政治経済
竹島問題
韓国における反日
その他
未分類
以前の記事
2006年 12月
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
☆年甲斐もなく占いにはま..
from 会社を経営しています。
お久しぶりです。
from 担任です
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


イスラームの国々の日本観

http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=thistory&nid=1807068


日本を謳ったアラブの詩や小説を紹介しますo(*^▽^*)o





ムスタファー・カーミル(エジプト)

【昇る太陽】序文 (1903年6月)



  墓場から甦って大砲と爆弾の音を響かせ、

  陸に海に軍隊を動かし、政治上の要求を掲げ、

  自らも世界も不敗と信じていた国を打ち破り、

  ほとんど信じ難いまでの勝利を収め、

  生きとしいけるものに衝撃を与えることとなったこの民族とは一体何者なのか。

  かの偉大な人物(天皇)とは何者なのか。

  いかにして全世界を照らし出す昇る太陽を、

  目のあたりにすることになったのか。

  今やだれもが驚きと讃嘆の念をもって、

  この民族についての問いかけを口にしているので説明する





ホセイン・アリー・タージェル・シーラーズイー(イラン)

叙事詩【ミカド・ナーメ(天皇の書)】



  東方からまた何という太陽が昇ってくるのだろう。
  眠っていた人間は誰もがその場から跳ね起きる。
  文明の夜明けが日本から拡がったとき、
  この昇る太陽で全世界が明るく照らし出された。
  無知の夜は我々から裾をからげて立ち去り、
  叡智の光によって新しき日は始まったのだ。
  日本が我らの先駆者となった以上、
  我らにも智恵と文化の恩恵がやってこよう。
  どんな事柄であれ我らが日本の足跡を辿るなら、
  この地上から悲しみの汚点を消し去ることができるだろう。





アブドゥッラー・アル=アルウィー(モロッコ)

小説【紙束】(1989年)



  日本が成し遂げたことを 我々の国は成し遂げることができるだろうか。

  特攻隊員になる人間が 我々のなかにいるだろうか。

  日本の指導者を特徴づける 犠牲と自己否定の精神はどこにあるのか。

  彼らは五十年間に築いたものを失ったが、

  彼らの生きた期間は栄光に満ちていた。

  日本の歴史は、暗黒の期間においてさえ輝かしい。

  モロッコは(外国支配から)自由になったとして、

  果たしてこの段階まで昇ることができるだろうか。





ハーフィズ・イブラーヒーム(エジプト)

【日本の乙女】(1905年)



  砲火飛び散る戦いの最中にて

  傷つきし兵士たちを看護せんと
  うら若き日本の乙女 立ち働けり。

  牝鹿にも似て美しき汝れ、 危うきかな!
  戦の庭に死の影満てるを

  『われは日本の乙女 銃もて戦う能わずも
  身を挺して 傷病兵に尽くすは 我がつとめ

  ミカドは祖国の勝利のため 死をさえ教え賜りき
  ミカドによりて祖国は大国となり

  西の国々も目をみはりたり
  わが民こぞりて力を合わせ

  世界の雄国たらんと力尽くすなり』


f0120945_19531697.jpg

[PR]
by 699yabuhebi | 2006-12-28 19:52 | その他
<< ノムヒョン 実際に朝鮮通信使が見た日本 >>