韓国との歴史認識の共有は可能かを探る
by 699yabuhebi
カテゴリ
全体
定型詩名作編
川柳・俳句
都々逸・謎かけ
漢詩
韓国人論
韓国史のはじまり
通史
古代史
中世・近世史
近現代史
盧武鉉語録
韓国文化
ウリナラ起源
おふざけ
韓国の政治経済
竹島問題
韓国における反日
その他
未分類
以前の記事
2006年 12月
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
☆年甲斐もなく占いにはま..
from 会社を経営しています。
お久しぶりです。
from 担任です
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:属国 ( 5 ) タグの人気記事

独立門

 現在ソウルの城門のあった場所には「独立門」というものが建てられている。昔はその場所には『迎恩門』という門があった。それは「朝鮮王が9回頭を地面に叩きつけて擦りつけ、ひれ伏して清の使者を迎える」という屈辱的な隷属の象徴の門だった。それも、この迎恩門で『朝鮮の国王』が土下座して出迎えたのは、中国の「王」ではなく中国の『使者』である。朝鮮はそれほどまでに国家として奴隷扱いされてたのだ。

f0120945_1814154.jpg


 韓国人は『中国の属国だった惨めな歴史を隠したい』 という意識から、歴史を捏造し続けてきた。

 世界中の国家や大学などが知っているように、朝鮮はずっと中国の『属国』だった。記録や物的証拠も国内外に数え切れないほど残っている。留学経験のある韓国人も自ら韓国は属国であったことを認めている者もいる。そもそも韓国の古い国旗にまで「大清国属(清=中国)」と書いてあったのだから属国だったことは否定しようがない。 しかし、韓国は国家レベルで「属国だった過去」を消し去りたかった。 古い国旗が発見された時も、韓国国内のニュースでは「大清国属」という文字をカットして報道したほどである。
 実はこの韓国の感情的問題は「反日」に密接な関係がある。

 まず、朝鮮と清(中国)がどの程度の従属関係だったか。
 朝鮮というのは、中国の属国の中でも琉球(現在の沖縄)よりも低い地位だった。
 そもそも、中国の属邦の中でも朝鮮の地位は最も低く、下国のなかの下国であった。
 天朝の朝賀の席では、千官が赤色の礼服を着ていたのに対し、朝鮮の使臣だけは異色の丸首の衣である。



 朝鮮国王の身分の低さは朝鮮がどんな扱いを受けていたかを見ればより明白になる。

・朝鮮国王は清の皇帝によって任命される。
・朝鮮国内の事件は全て皇帝に報告しなければならない。
・朝鮮国王は清の使節をソウル城門まで出迎えなければならない。
・朝鮮国王の地位は、清国の廷臣よりも下。
・朝鮮政府には、貨幣の鋳造権すら与えられてない。
・朝鮮政府には清国への食糧、兵士提供の要求権もない。

 朝鮮国王が宗主国の清国皇帝に奉呈した貢文に気に入らない言葉がたった一つあっただけで、朝鮮国王は銀1万両を罰金として払った上に、年貢への見返りを3年間停止するという厳しい処罰を受けている。
[PR]
by 699yabuhebi | 2006-12-23 13:52 | 近現代史

「和寧」か「朝鮮」か

1、李氏朝鮮初代の王となった李成桂は、王位につくやすぐさま、当時誕生したばかりの明王朝に伺いを立て国号を決めて貰っている。

 この時、李成桂は、箕氏朝鮮の旧号「朝鮮」と李成桂の生地「和寧」の二つの名前を持ち出し、明の太祖の朱元璋から「朝鮮」の国号を使うことを許されている。世界史の中で様々な国が存在するが、他国に自国の国号を決めて貰った国など、後にも先にも朝鮮ただ一カ国である。
 本来ならこの一時を持って、朝鮮が中国の属国であった事を、何よりも物語っているのだが、韓国人はこれでもまだ朝鮮が中国の属国であったことを認めないのである。


2、韓国人が誇るものの中に「東方礼儀の国(邦)」とういう朝鮮を指し示す言葉がある。
 この言葉の本当の意味を知っている韓国人は少ないのだが、これは中国王朝から朝鮮へ贈られた言葉である。即ち、中華の天子へ忠実に諸侯の礼を尽くしてきた朝鮮へ中国が上記の「東方礼儀の国」という言葉を贈ったのである。
 直訳すれば「中国の属国として礼節を尽くした国」という意味なのだが、この意味を韓国人は全く理解していないのが、皮肉である。


3、中国王朝の属国における歴代朝鮮国王は、原則皇帝の臣下と見なされる。朝鮮国王は中国皇帝によって任命され、中国の朝廷は朝鮮の王妃や王太子の廃立に至るまで、その権限を振るうことが出来たのである。ちなみにこの当時、朝鮮を実質的に指揮監督していたのは、中国王朝の北洋大臣や直隷総督などである。つまり国王というのは形ばかりのものであって、決して主権国家の元首として扱われていたのではないのである。さらに朝鮮国王の中国王朝からの使節の出迎えは余りにも屈辱的である。
 満州人の使節が来ると、朝鮮国王は自ら高官を引き連れて迎恩門まで歓迎に赴いて、地面にひざまずいて使節に9回土下座をする。宴会を催し、芸を披露して接待しなければならなかった。王太子は慕華館(迎賓館)で使節に酌の礼をするのが最大の役目だった。
[PR]
by 699yabuhebi | 2006-12-23 13:34 | 中世・近世史

【資料】新羅と百済は倭国の属国


【隋書 倭国伝】
 新羅と百済は皆、倭国を大国として、珍しい文物が多いとし、恐れ敬い、通使を往来させている。

隋書とは中国の正史です。隋帝国(581年 - 619年)を扱った書物です。
「新羅と百済は倭国を大国とみなし、恐れ敬っていた。」ということが中国の歴史書に明記されています。

-------------------------------------------------------------

【広開土王碑】
そもそも新羅・百残(百済)は(高句麗の)属民であり、朝貢していた。しかし、倭が辛卯年(391年)に海を渡り百残・■■新羅を破り、臣民となしてしまった。
百済と新羅は高句麗の属国であったが、日本が高句麗と戦争をして勝利した。日本が百済と新羅を属国にした。と明記してあります。

--------------------------------------------------------------

【宋書 倭国伝】
順帝昇明二年(478年)、遣使が上表して曰く「封国は残念ながら遠く、藩を外に作り、昔より祖先は自ら甲冑を着け、山川を跋渉し、安らかに暮らす暇なし。東に毛人を征すること五十五国、西に衆夷を服すること六十六国、(海を)渡り海北を平定すること九十五国。王道は安泰に調和し、国土を拡げ、京畿を遠く離れる。累代に亘って朝廷を尊び、歳を誤らず。臣は下愚といえども、忝くも後裔を先に残し、統べる所を率いて駆け、崇め帰すこと天を極め、道を百済に直行し、船舶を装備する。然るに高句麗は非道にも併呑を欲して謀り、辺境を略奪し隷属させ、(南朝宋の)劉氏を尊重して已まず、(そのために)いつも延滞させられ、(航行の)良風を失する。道を進むといえども、あるいは通じ、あるいは不通。臣の亡き済は、仇敵が天路を塞ぐことを実に憤り、百万の弦を鳴らして訴え、正義の声に感激し、まさに大挙せんと欲するも、突然に父兄が亡くなり、垂成の功をして一簣(モッコ一杯分)も獲れず。諒闇(一年の服喪)に在り、軍装の兵を動かさず、ここに休息するを以て未だ戦勝を得られず。今に至り、甲を練り、兵を治め、父兄の志を述べんと欲し、義士と勇士、文武に功を尽くし、白刃を前に交えるも、また顧みることなし。 もし帝德の覆戴を以てこの強敵を挫き、勝って方難を鎮めるも、前功に替えることなし。密かに開府儀同三司を自ら仮称し、その余も皆、各々に仮授(して頂ければ)、以て忠節を勧める」。 詔を以て倭王武を使持節、都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事、安東大将軍、倭王に叙爵した。

宋書倭国伝には倭王を新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸を軍事的に支配する「安東大将軍」に任じたと記述してあります。
-----------------------------------------------------------

【三国史記】
402年 新羅は倭国に王子を質に出す http://www.koreandb.net/Sam/bon/samkuk/04_030_2000277.htm
397年 百済は倭国に太子を質に出す http://www.koreandb.net/Sam/bon/samkuk/04_250_2001365.htm
----------------------------------------------------------
好太王碑、宋書、三国史記という系統の異なる史料が「新羅と百済は倭の属国だった。」と記述しています。

【中国外交部】
ホームページ(www.fmprc.gov.cn)
「5世紀はじめ、大和国が隆盛した時期にその支配が朝鮮半島(韓半島)の南部にまで拡大した。」
現代の中国政府も朝鮮半島南部は日本の支配下だったという認識を示しています。朝鮮半島支配の点では、日本と中国は共通認識です。

「4世紀の朝鮮半島南部は倭国の支配下にあった。」 日本と中国の歴史学界の常識です。
[PR]
by 699yabuhebi | 2006-12-23 13:30 | 古代史

朝鮮王の地位

1、李氏朝鮮初代の王となった李成桂(女真族「李・ウルスブハ」の子)は、王位につくやすぐさま、当時誕生したばかりの明王朝に伺いを立て国号を決めて貰っている。

 このとき、李成桂は、箕氏朝鮮の旧号「朝鮮」と李成桂の生地「和寧」の二つの名前を持ち出し、明の太祖の朱元璋から「朝鮮」の国号を使うことを許されている。
 世界史の中で様々な国が存在するが、他国に自国の国号を決めて貰った国など、後にも先にも朝鮮ただ1カ国である。
 本来ならこの一事を持って、朝鮮が中国の属国であったことを、何よりも物語っているのだが、韓国人はこれでもまだ朝鮮が中国の属国であったことを決して認めないのである。

f0120945_23155339.jpg

f0120945_23161567.jpg


 ちなみに、2つの画像は上が中国の皇帝、下が朝鮮王である。中国皇帝が竜が九匹で黄色い官服であるのに対し、朝鮮王は竜が三匹で赤い官服である。

 赤は、「中国皇帝に忠実に仕える臣下」を示す色だそうです。

龍の数は、皇帝は九匹、それ以下一匹ずつ減り、最低ランクは一匹だそうです。赤い服を着た人は三匹ですね。
 皇族は八匹~七匹、大臣級は六匹~五匹、地方の役所の長(知事クラス)は四匹~三匹。つまり、竜が三匹というのは、中国の官制でいえば、県の長官あるいはそれ以下の位階なのである。


2、韓国人が誇るものの中に「東方礼儀の国(邦)」という朝鮮を指し示す言葉がある。
 この言葉の本当の意味を知っている韓国人は少ないのだが、これは中国王朝から朝鮮へ贈られた言葉である。
 即ち、中華の天子へ忠実に諸侯の礼を尽くしてきた朝鮮へ中国が上記の「東方礼儀の国」という言葉を贈ったのである。
 直訳すれば「中国の属国として礼節を尽くした国」という意味なのだが、皮肉なことに、この意味を韓国人は全く理解していないのである。
f0120945_23173516.jpg

f0120945_2318068.jpg

 「大清国属高麗国旗」という黄色地の大極旗がみえる。その下には、黄色地の国旗の前で中国への服属を誓う盧武鉉氏の画像がある。後ろの中国の役人も嬉しそうだ。盧武鉉氏も漢字が少しでも読めれば、これほどの失態を演じずにすんだであろう。無知とは悲しいことである。


3、中国王朝の属国としての歴代朝鮮の国王は、原則的には皇帝の臣下と見なされる。

 朝鮮国王は中国皇帝によって任命され、中国の朝廷は朝鮮の王妃や王太子の廃立に至るまで、その権限を振るうことが出来たのである。ちなみにこの当時、朝鮮を実質的に指揮監督していたのは、中国王朝の北洋大臣や直隷総督などであった。つまり国王というのは形ばかりのものであって、決して主権国家の元首として扱われていたのではないのである。
 さらに朝鮮国王の中国王朝からの使節の出迎えは余りにも屈辱的である。
 満州人の使節が来ると、朝鮮国王は自ら高官を引き連れて迎恩門まで歓迎に赴いて、地面にひざまずいて使節に9回土下座をする。宴会を催し、芸を披露して接待しなければならなかった。王太子は慕華館(迎賓館)で使節に酌の礼をするのが最大の役目だった。

 ・朝鮮国王は清の皇帝によって任命される。
 ・朝鮮国内の事件は全て皇帝に報告しなければならない。
 ・朝鮮国王は清の使節をソウル城門まで出迎えなければならない。
 ・朝鮮国王の地位は、清国の廷臣よりも下。
 ・朝鮮政府には、貨幣の鋳造権すら与えられてない。
 ・朝鮮政府には清国への食糧、兵士提供の要求権もない。
 ・朝鮮は清国に細かく定められた貢品を出す以外に、毎年、牛3000頭、
  馬3000頭、各地の美女3000人を選り抜いて貢がなければならない。

 このように、朝鮮の地位とはとても低いものだったのである。
f0120945_23183978.jpg

▲中国の使いに対して土下座する朝鮮国王の碑

f0120945_23195435.jpg


▲日清戦争によって認められた朝鮮の独立を祝って1895年に建てられた「独立門」。「迎恩門」のあった場所に建てられた。

f0120945_23202148.jpg

▲1895年に独立門が建設された際に壊された「迎恩門」。こで歴代朝鮮王は中国の使節に対し、地にひざまずいて9度の土下座を捧げた。
[PR]
by 699yabuhebi | 2006-12-17 23:13 | 中世・近世史

明清帝国と朝鮮王朝との関係

<国号の選択>
 朝鮮王朝実録によれば、太祖・李成桂は使いを明に送って、国号として「朝鮮」と「和寧」という二つのうちのどちらかを採択することを請い、「朝鮮」を選んでもらった。
 国号すら自分たちで決めることが出来ず、他国に選んでもらうなど「属国」以外の何者でもない。
 なお、この「国号の選択」に関して韓国の教科書は次のように歪曲している。
「新王朝は、国号を朝鮮と定めた。「朝鮮」は、すなわち古朝鮮の伝統を受け継ぐという意味で、壇君に民族の独自性を求めるという意味が含まれている。」
 もちろん、これは事実無根の捏造であり、事実は上の通り、明に選んで貰ったのである。

<朝貢>
 朝貢については韓国の教科書もその事実はさすがに認めている。
 となれば当然、「朝貢」は臣下の礼を致すものであるから、朝鮮は中国の属国であったと言える・・・のだが、ここでもまた韓国の歴史教科書は次のように捏造している。
「明との外交は朝鮮側がより積極的であった。朝鮮は朝貢を通じて明の名分を立ててやり、使臣の往来を通して経済的・文化的実利を得た。しかし後にはいきすぎた親明政策に流れる傾向があらわれた。」
 「明の名分を立ててやり」というナンセンスな理屈を持ち出し朝貢は仕方なくやっていたもので、決して臣下の礼をとった訳ではないことを強調している。しかし、なぜ、明の名分を立ててやらなくてはならないかということの説明はない。

<人質・強制連行>
 明の後、清が中国の統一王朝となったが、この際朝鮮と戦争をし清は朝鮮に勝利している。
 清は朝鮮の王子一族他、貴族とその家族数百人を人質としており、朝鮮民衆50万人を強制連行している。
 朝鮮が清に敗北した1636年から1881年までの244年間の間に、朝鮮から清への朝貢はなんと500回を超えるに至っている。
また、清の使者が朝鮮を訪れる際には朝鮮国王は漢城郊外の迎恩門まで出向き、土下座をして恭しく使者を迎え、慕華館で勅使の接待をすることを余儀なくされていた。
 もう誰が何と言おうとこれは清の属国としての朝鮮である・・・はずなのだが、ここでまたまた韓国の歴史教科書は次のように嘘を教えている。
 「後金は勢力を強め、国の名称を清とかえ、朝鮮王朝に対しては君臣の礼を要求して再び侵入し、漢陽を占領した。そのため仁祖は臣下とともに南漢山城に移り、45日間抗戦したが、ついに清の要求を受け入れて講和を結んだ。この戦争を丙子胡乱という(1636年)。」
 そう、朝鮮は敗北したのではなく、「講和」をして、清と友好関係を結んだだけであったのだそうだ。
[PR]
by 699yabuhebi | 2006-12-17 23:08 | 中世・近世史